ART & MUSIC IN WOODS - TOBIU CAMP at TOBIU ART COMMUNITY & FOREST OF TOBIU

PICK UP EVENTS

9.9 sat 《TOBIU CAMP》
9/9(土) 22:00頃〜 グラウンド
めざせ!ウポポ100万人大合唱 in TOBIU CAMP

◎出演 マレウレウ、team okkaypo、他
“ウポポ”はアイヌの伝承歌のこと。来場者全員でグラウンドの火を囲い、歌い継がれたアイヌ民族の歌とリズムで、TOBIU CAMPの夜の象徴的な時空間をつくります。

9/9(土)〜10(日)一昼夜
Good Morning,TOBIU!

◎作・演出 羊屋白玉 ◎美術 坂田アキコ ◎出演 地元住民の方々/ 他
指輪ホテルの芸術監督をつとめる羊屋白玉が、飛生の土地に思いを巡らせながら、地元市民17名とともに創り上げる野外劇。羊屋の奇想天外な世界が飛生の森で繰り広げられます。

左 YUBIWAWANUKI 撮影:宮脇慎太郎 / 右 撮影:田口まき
9/9(土)〜17日(日)校舎内展示室
奈良美智 個展

2016年に飛生芸術祭へ初参加。継続して参加する本年は飛生アートコミュニティー(旧飛生小学校)の教室を使用し個展を開催いたします。

左 撮影:石井文仁 / 右 Midnight Truth 227.3×181.8cm, acrylic on canvas, 2017 ©Yoshitomo Nara, 2017
9/9(土)〜17日(日)ポロト湖畔・飛生の森
二つの森をつなぐ舟

森の名木は女神となり、流木は宝となる。どちらも、森で育ったもの。
アイヌ民族博物館の企画展にて制作された「海の宝舟」が飛生の森に登場。また、同館館長の野本正博が制作したイタオマチプが校舎内に展示されます。ヒデミニシダはポロト湖畔と飛生の森の2カ所で、それぞれの環境と対話しながら、新たな風景の経験をなげかけます。
◎アーティスト 国松希根太、小助川裕康、野本正博、ヒデミニシダ
◎設置会場 ①ポロト湖畔(アイヌ民族博物館:白老町若草町2丁目)②飛生の森
*アイヌ民族博物館は入場料がかかります。 www.ainu-museum.or.jp
連携/画像提供(海の宝舟):アイヌ民族博物館

国松希根太、小助川裕康「海の宝舟」
ヒデミニシダ「Fragile table」
9/9(土)〜 9/17(日)飛生の森
飛生の森の展覧会

◎アーティスト outwoods、明後日朝顔プロジェクト飛生、淺井裕介、石川大峰、奧山三彩、木木木人、国松希根太、小助川裕康、下平雅也、富樫 幹、永田まさゆき、伴 翼、森迫暁夫
ウッドチップが敷きつめられた散策路を歩き、鳥のさえずりを聞きながら楽しむ森の作品展。「飛生の森づくりプロジェクト」で7年間かけ整備してきた森そのものも大きな一つの作品です。

小助川裕康、国松希根太「Tupiu NESTとTupiuの羽根」 撮影:瀧原界
9/9(土)13:00〜 WORKS VILLAGE
森のワークビレッジ presented by Coleman

ムックリ作り、音作り、造形体験など、様々なワークショップを飛生の森の一角で開催。子どもから大人まで、森で過ごすひと時をものづくりをして楽しんでみませんか。今年は地元竹浦の「竹」を使った竹とんぼ作りも登場しますよ。

9/9(土)夕方以降
第2マルバ会館

札幌発インディペンデントシアター第2マルバ会館です。TOBIUCAMP出張では、夜のみ出現する「ビデオ試写室」を開店。心温まる実験映画(!?)とほっとドリンク(熱燗)の他に湯たんぽを用意しておまちしております。休憩にどうぞ。

9/9(土)13:00〜
森の絵本のへや

普段は北大学生街にある古本屋さんです。初参加のTOBIU CAMPでは、子どもたち向けにたくさんの絵本を持ち込んで、自由にくつろいで絵本を読める空間「森の絵本のへや」を開店。森で過ごす時間に、すてきな一冊をみつけてね。

9/9(土)グラウンド
人形劇

◎公演 おたのしみ劇場ガウチョス
子ども達が眠る前の夜の森に、今年も人形劇が登場します。毎年恒例のガウチョスの公演です。

9.10 sun《TOBIU CAMP》
9/10(日) 6:30〜7:30 グラウンド
朝ヨガ

トビウキャンプの朝はちょっとだけ早起き。大地や空や風を感じながらの朝ヨガは特別な朝となるでしょう。バスタオルご持参ください。(数量限定で貸出あります)
※雨の場合は体育館を使用します。

9/10(日) 8:00頃〜 グラウンド
トビウ・マルシェ

キャンプ翌朝、グラウンドの一角に登場する小さなマルシェでは、地元産の新鮮な野菜などを販売。お土産にもどうぞ。

9.11 mon - 9.17 sun《飛生芸術祭》
9/9(土)〜17日(日)校舎内展示室
奈良美智 個展

2016年に飛生芸術祭へ初参加。継続して参加する本年は飛生アートコミュニティー(旧飛生小学校)の教室を使用し個展を開催いたします。

左 撮影:石井文仁 / 右 Midnight Truth 227.3×181.8cm, acrylic on canvas, 2017 ©Yoshitomo Nara, 2017
9/9(土)〜17日(日)ポロト湖畔・飛生の森
二つの森をつなぐ舟

森の名木は女神となり、流木は宝となる。どちらも、森で育ったもの。
アイヌ民族博物館の企画展にて制作された「海の宝舟」が飛生の森に登場。また、同館館長の野本正博が制作したイタオマチプが校舎内に展示されます。ヒデミニシダはポロト湖畔と飛生の森の2カ所で、それぞれの環境と対話しながら、新たな風景の経験をなげかけます。
◎アーティスト 国松希根太、小助川裕康、野本正博、ヒデミニシダ
◎設置会場 ①ポロト湖畔(アイヌ民族博物館:白老町若草町2丁目)②飛生の森
*アイヌ民族博物館は入場料がかかります。 www.ainu-museum.or.jp
連携/画像提供(海の宝舟):アイヌ民族博物館

国松希根太、小助川裕康「海の宝舟」
ヒデミニシダ「Fragile table」
9/9(土)〜 9/17(日)飛生の森
飛生の森の展覧会

◎アーティスト  outwoods、明後日朝顔プロジェクト飛生、淺井裕介、石川大峰、奧山三彩、木木木人、国松希根太、小助川裕康、下平雅也、富樫 幹、永田まさゆき、伴 翼、森迫暁夫
ウッドチップが敷きつめられた散策路を歩き、鳥のさえずりを聞きながら楽しむ森の作品展。「飛生の森づくりプロジェクト」で7年間かけ整備してきた森そのものも大きな一つの作品です。

小助川裕康、国松希根太「Tupiu NESTとTupiuの羽根」 撮影:瀧原界
CAMP キャンプ
9/9(土)〜10(日)
WELCOME FAMILY CAMP! 森のキャンプを楽しもう!

完備されたキャンプ場ではありませんが、小さなお子さまも安心して過ごせます。ファミリー専用のキャンプエリアもご用意。場内にはトイレ、手洗場、キッズスペースがあり、近所には温泉・宿も多くあります。荷物の多いご家族にはキャリーカートの持込みがおススメ。

キャンプサイトでの、バーベキュー等の直火、花火等の火薬類、発電機等の使用はできません。
普段は白老牛の為の牧草地として使われている場所です。トビウキャンプの為にご厚意でお借りしています。参加者皆さまのマナーや常識の元、キレイに使用いただけるようご協力をお願いします。
キャンプをされる方は事前に注意事項を良くお読みください。NOTICEページ

◎レンタルテント《数量限定》
特に本州や遠くから来られる方へ、優先してお貸ししたいと考えております。
レンタル料(1張り): 2,500円 [4〜6人用 / ランタン1個付]
レンタル予約メール contact@tobiucamp.com
※件名に「貸しテント予約」とお書きください。代表者氏名・住所・携帯番号・メールアドレス・必要テント数、到着予定時間などを記載してください。

SPA 温泉
白老の温泉であたたまろう

白老町内にあるたくさんの天然温泉。ゆったりつかって心も体もあったまってください。

◎日帰り温泉
虎杖浜温泉ホテル TEL 0144-82-8267 虎杖浜73-5
アヨロ温泉 TEL 0144-87-2822 虎杖浜154-2
家族風呂花の湯 TEL 0144-87-4035 虎杖浜40-2

◎宿泊・日帰り温泉
心のリゾート 海の別邸ふる川 TEL 0144-87-6111 0144-87-6111
ホテルいずみ TEL 0144-87-2621 虎杖浜312-1
湯元ほくよう TEL 0120-234522 竹浦121-41
温泉ホテル和秀 TEL 0144-87-3305 竹浦297
温泉ホテルオーシャン TEL 0144-87-3688 竹浦111
富士の湯温泉ホテル TEL 0144-87-2043 竹浦297
ホテル王将 TEL 0144-87-2230 竹浦118-72

白老町の温泉や宿についてのご案内
白老町観光協会 SHIRAOI TOURIST ASSOCIATION
TEL 0144-82-2216 http://www.shiraoi.net/
協力:虎杖浜竹浦観光連合会